画像はイメージです
俺もトイレ掃除のおばさんに自分のモノを見せたことがある。
場所はホームセンター。
おばさんが入ったあとに、他の客がいないのを確認してあとからトイレに入った。
トイレに入ったとき、一瞬おばさんと目があったような気がした。

掃除のおばさんは45才くらいで髪はセミロングの細身の人だった。
おばさんは一番奥の小用便器を中腰で掃除中だった。
俺はひとつ離れた小用便器の前に立った。
それもわざとおばさんに見えるように、不自然と思えるくらい便器から離れて立った。


その日はジーパンだったので、ベルトを外しチャックとパンツを下ろして、チンチンを出した。
その時点で俺のペニスはもうビンビンだった。
俺はわざと右手一本で根本のほうを握り、左側にいるおばさんのほうを見ながら、チンチンを上下に振った。
おばさんは、掃除をしてるふりをして手を動かしていたが、その目はしっかりと俺の硬くなった下半身を見ていた。

しかし、おばさんはすぐに掃除をやめ、洗面台のほうに立って移動してしまった。

「やはり、あからさまに見せすぎたか・・・」

そう思っていると、今度はなんと俺の立っている便器のすぐとなりの小用便器の掃除を始めたのだ。

「まじかよ!このおばさん・・・」

俺は心臓が飛び出るくらいドキドキした。
そして興奮した。

「よし、こうなったらたっぷり見せつけてやろう」

おばさんはすぐとなりの便器の前に中腰になると、俺ににむかって、「となりの掃除をさせていただきます、気にしないでごゆっくりどうぞ」と言った。

俺も「あっ、はい。今、ちょっとおっきくなっちゃって時間がかかりますけどいいですか?」と、緊張しながらわざと聞いた。

するとおばさんは、ちょっと顔を赤くして笑いながら、「えっ、ええ、結構ですよ。なるべくそっちは見ないようにしますから」と言って掃除を続けた。

いちおう形だけでも用を足そうと思ったが、ベニスが勃起しているとなかなか尿が出ない。
しばらくそのままでいると、となりにいる掃除のおばさんが、「緊張してるとおしっこ出ないでしょ」と、俺に言ってきた。
おばさんの顔を見ると俺のチンチンを堂々と見ている。

俺も「すいません、勃起してなかなか出ないみたいで」と言うと、おばさんは「いいのよ、若い人はほんとに元気ね~、そのうえあなた立派なモノ持ってるのね」と言ってきた。

「そんな、全然立派じゃないですよ」と言うと、「すごい立派じゃない、普段から先もしっかりムケてるでしょ」と言った。
俺は「まっ、いちおう。でもただムケてるだけで、おっきくないですよ」と言うと、「先がすごい張り出してるのね、立派な形してるわよ」と俺のペニスをうっとりした顔をしながら見ていた。

掃除のおばさんにじっくり見られながらそこまで言われると、俺も「次はこれをなんとかして、握ってもらおう」と思って、さらにビンビンになった。

「大きさや形は自信はないけど、若いから硬さには自信がありすよ」と言うと、おばさんは嬉しそうな顔をして、「本当?でも確かにすっごいコチコチみたいね」と返してきた。

その言葉を聞いて俺はすかさず、「ここ握ってみて下さい!今コチコチですから」と言った。

おばさんは「ほんとにいいの、握って?」と言いながらも、俺のチンチンを握る準備か、掃除用の手袋をさりげなく外した。
もう、しょんべんのことなんかどうでもいい、あとは他の客がトイレに入ってこないことを祈った。
俺は、相変わらず中腰のおばさんの目の前に、ビンビンに立った息子を向けた。
そして握っている手を離し、わざと見せつけるように上に向かってペニスを反り返らせて見せた。

「うわ~、すごい!」おばさんはそう言うと、ちょっとためらう素振りをみせ、「やだ~、なんか恥ずかしい、じゃあちょっとだけね」と言って右手で軽く根本のほうを握った。
俺はおばさんの手の中でどんどん血液が集まっていくのが分かった。

「もっと強く握って下さい、硬くなってるのがよく分かりますよ」

俺はおばさんに指示した。

「このくらいの強さでいい?」

おばさんは握っている右手に力を入れた。
俺はおばさんのスケベな表情に釘付けだった。
そしてペニスにグッと力を入れ、おばさんの反応を見ようとピクピクさせた。
するとおばさんは、「すごーい、手の中で元気に暴れてるよ」そう言いながら、ペニスに顔を近づけ亀頭のあたりを見ている。
俺の亀頭は、おばさんのエロい表情といやらしい言葉で、赤黒く光っていた。
逆におばさんが、俺のからだの反応を楽しんでいるようだった。
俺は正直、もう爆発寸前だった。

今にも発射しそうだったがそこはなんとか必死にこらえると、おばさんに「手を動かして見てください、最高に元気になりますから」と言って、手コキを誘導した。

「しごいていいの、こんな感じ?どう?」

おばさんはリズミカルに手を動かしだした。
先端からはすでに汁がこぼれている。
おばさんもそれには気づいているだろう。
俺は逝かないようにこらえるのが精一杯だった。

「どう気持ちいい?すっごい硬いよ!」

トイレ内にはペニスをしごくクチュクチュというイヤらしい音と、ふたりの息遣いが響いていた。
さっきまでは客と掃除のおばさんの関係だったが、今は若い男とその男を逝かそうとする熟女の関係になっていた。

「ほんとはわざとオチンチン見せたんでしょう、触って欲しかったの?溜まってるの?」

おばさんはすごいヤラしい表情で上目づかいに俺のほうを見ながら言った。

「おばさんが色っぽくて俺の好みのタイプだったから・・・」と言うと、

「ほんと~?お世辞言っちゃって。でも嬉しい、こんなに私の手の中で元気になってくれて」

そう言いながら、右手の動きを早くしてしごき続けた。

「どう?気持ちいい?すっごいシコシコしてる。無理に我慢しなくてもいいわよ、イクとき言ってね」と笑顔で俺のほうを見た。

「俺、もうまじで逝きそうです。おばさんの目の前で出ちゃいます!」

そう告げると、「ほんとに出そうなの、いいわよ目の前で思いっきり出して!」と言って、さらに右手に力を込めた。

今思えばフェラチオもしてもらえばよかったと思っている。
しかし、そのときはそんな余裕はなかった。
時間にしてどのくらいだろう、握ってもらってから3分ぐらいにも感じたし5分近くしごいてもらっていたようにも感じた。
俺はおばさんにイク瞬間を教えることができずに果てた。
しかし、おばさんは俺がイク瞬間を右手や俺の息遣いで感じとったのか、発射された白濁した液体をタイミングよく左手で受け止めたくれた。

逝ったあともしばらく、残りをしぼりだすかのように握ってしごいてくれた。
俺は本当ならおばさんの口の中か外にむかって勢いよく飛ばしたかったが、さすがに掃除のおばさんはトイレを汚さないもんだ、などと勝ってに解釈した。
ちょうど事が終わって俺がチンチンをしまってジーパンのチャックを閉めてるところに、他の客の兄ちゃんがトイレに入ってきた。

だから時間にして全部で5、6分の出来事だったかもしれない。
けれど、俺にとって本当に夢心地のような気分だった。
あれからあの店には行っていないが、あの掃除のおばさんは今も働いているのだろうか・・・